スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琵琶湖;ドデスカンコース

午前中は、バイトラッシュの北湖(サイズは選べません)、
午後からは、一転して厳しい南湖へ・・・

事前に杉戸君からは、ヘビーテキサスでのビッグ狙いは
結構厳しくなっており、1時間にワンバイトあれば恩の字
のリスキーな展開になるけど、やりますか?と聞かれたので、
迷わず「やらいでか!」と答えました。
せっかく琵琶湖まで来たからには、琵琶湖でしか出来ない
釣りをしたほうが面白いし、バイトの遠さは霞で免疫が
できているので集中力を維持する自信はあるんです。

ただ、晴れなければ条件的にさらに厳しくなるので、
ただただ晴れることを願っておりました。
ちなみに午前中は小雨まじりのローライトでしたが
昼過ぎくらいから汗がしたたり落ちるくらいの快晴に
なったので迷わずカナダ藻ドームへのヘビーテキサスを
やり抜くことになりました。

P1000341_20100926145936.jpg
ロッド:HB680XH(上)、6100H(下)
ライン:フロロ20lb.
シンカー:3/4oz
ルアー:ジャスターホグ43

釣り方は至ってシンプルで、偏光グラスで水中のドームを確認しながら
片っぱしから撃ち込んで行くだけです。
ただ、カーブフォールさせるとバスに見切られる可能性が高いらしく、
フリーフォールで撃ち込むことが重要とのこと。
この辺は、霞での杭打ち経験が非常に役に立ちました。
バイトはフリーフォール中、もしくは着底後ワームが倒れた後に
多発するらしく、それ以降は軽く誘ってバイトがなければ回収し、
別の場所に撃ち込む、これを延々と繰り返します。

撃ち込み開始から1時間以上経過したころに、僕に待望のバイト!
即座にリールのクラッチを切って、ラインを引き出し更に食い込ませます。
少し聞いてみてバスの走り出し?を確認したあとにフルパワーでフッキング
しましたが、ほんの一瞬重みを感じただけでスッポ抜け????
どうやら聞きで違和感を与えすぎたらしく合わせの瞬間に吐き出されたようでした。

P1000345.jpg

パドルテール部の噛み傷わかりますかね?
下手すぎでしたOrz

このバイトがあったという事実が、眠れる♀ライオンの釣魂に
火を付けたようでオーラ出まくってます( ゚Å゚;)
20100926.jpg
注:オーラのイメージです

程なくしてフォール中のバイトを感じたようで、見事にズドンと!
6100Hをブチ曲げた49 cm
P1000337_20100926203105.jpg


先ほどの僕のスッポ抜けを見ていたので、過剰なくらい送り込んでからの
フッキングでしたが、飲まれることなくフッキングに成功してました。

「バイトの間隔が短くなってきたので、これは群れが回ってきたのかも」と杉戸君。

嫁の引き運の強さを考えると、
群れが嫁の撃ち込む場所に1列に並んで待ってるイメージしか浮かびませんwww

このすぐ後に再度嫁にバイト!
クラッチを切った直後にかなり走り出したので、
クラッチを入れ直してフルフッキング!
(すでに見学者となってましたよwww)
結構のされて、ドームに潜られたられたせいでリールもゴリ巻きできないらしい。
嫁:ダメ・・・巻けない
僕:じゃぁ、ロッド立てて!
嫁:ダメ、折れるって!
杉戸君:ロッド立てよ、折れてもかまへん、オレのじゃないしwww
僕:絶対大丈夫!!ロードランナーは絶対折れないから立てろ~!
嫁:ぬぉぉぉぉぉーっるぁー

ってなやりとりの末に上がってきたのがこのバスです。
P1000339_1.jpg
55 cm 2700 g
敏腕ガイドの杉戸君、釣らせてくれますよ。


このようにフルボッコにされて琵琶湖釣行は終わりを告げましたが、
嫁が大喜びだったのが嬉しいですね。
A3B1A3B0A1A1C9D7C9D8A4C7C8FCC7CAB8D0A5ACA5A4A5C9CDF8CDD1A1A1A3B9A3B2A3B1_20100926202651.jpg


さて、次回はいつになるかわかりませんが、
いつかはロクマル・・・・釣りたいですね~



スポンサーサイト

comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。