スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘビキャロ

10/8 荒川おかっぱり
am6:00~am9:00
今朝の練習テーマは、ヘビキャロ
結果は1バイトあるもバラし


例年この時期はシャローでの反応が極端に悪くなるので
(僕のやるエリアに限ってかもしれませんが)
この時期の打開策を探るためにブレイクと沈みモノの位置確認を兼ねてヘビキャロの練習
5gシンカーなのでヘビキャロとは言わないかもしれませんが・・・

写真の中のシンカーはソルトウォーター用のキャロシンカー

moblog_201110081.png
DECOYの飛びキャロシンカーです。
通常の中通しタイプとは異なり、ウキ止めゴム管で固定するタイプなので
ラインを切ることなくシンカーのウエイトを簡単に交換できる優れモノです。
また、スリム形状なので根がかりも軽減します。

これで、ブレイクの位置を確認し、細かくブレイクラインを切るように
探っていたところで、乗った!(ほとんどバイトを感じられなかった)
まぁまぁのサイズの引きでしたが、やりとりの途中で抜けよった ノワゼ?( ゚Å゚;)?

相変わらず決めきれませんOrz 



moblog_201110082.png
場所を休ませるために移動してブッシュの中を探ると
ギルのバイトしかありません。
水面、中層、ボトムすべてチェックするも異常なし。
午後以降になると状況は変わるのでしょうか?

再度、ヘビキャロ場に戻ってキャロりましたが、二度めのチャンスはなし。


しかしながら、この時期にブレイクでの可能性を感じられたことは大きな収穫でした。




スポンサーサイト

頼もしい男と駄目な男

日曜日は早朝3時間だけ時間が取れたので、
青い稲妻号をエッチラオッチラ漕ぎながら
久しぶりに荒川へ行きました。
しのPの「釣らせてあげますよ」の
頼もしい言葉を頼りにエッチラオッチラと(笑)

現地でしのPと合流しオススメ場所からスタートする。
結構狭いエリアを2人で撃っていると後ろから2人組みのバサー登場。
この二人、問答無用で入って来て釣り始めます。
僕らの感覚では、この距離感で先行者がいれば入らないって感じなんですが・・・・
せめて、「一緒に入らせてもらっても良いですか?」って一言でもあればね~
僕らの感覚がおかしいんですかね?
愛しき水郷と比較すると「何でもアリ感の強い荒川」とは思いたくないですけど、
魚種問わず、結構この手の人たちに出くわすことが多い(愛しき水郷もゼロとは言いませんが)
頻繁に荒川に釣りに行ってもいないのに、そういう星の下に生まれてるのか?
ブログで愚痴なんか書きたくないんですけどね(初めてじゃないか)

で、トラブルご免の場所移動。

狙いはカレントが効いていることでベイトが多いと思われる場所
流石はしのP、良いところを知っています。

で、結果からいうと、しのPの「釣らせてあげますよ」は本当でした(アザーッス)。
ですが、僕が最低のラインブレイクをやらかしてしまい、バスには申し訳ないことをしました。
帰りは反省の意味を込めてエッチラオッチラ無酸素漕ぎ数回を織り交ぜながら家路に着きました。

今年の始めごろにST640M-ftを入手しましたが、
自身の練習不足のせいで使い込めておらず
ロッドのクセを頭でも体でも理解できていません。
ノリオ様曰く、「こう来ちゃったのね♪」と仰っておられましたが、
はっきりいって現時点では、どう来ちゃったのかすら解っていません。
このロッドはその特性上、合わせと同時にティップがかなり入り込むんですが、
その先のベリーからバットにかけてのパワーを活かしきれず、
テトラまわりで魚に主導権を取られ過ぎたために生じたラインブレイクでした。(大反省)。
ティップが入り込んだ後にロッドのトルクを活かせない自分の技術に腹が立ちます。
あと、何のためのハイギヤリールなんだよってことも付け加えておきましょう。
次回、同じミスを繰り返さないように。
「道具は良いのに、腕がダメ」のあらかすみでした。


2011/5/22 荒川第3節

5月22日(日)
・AM6:30~8:00

アフターのバスをターゲットに水面まで浮上させようと
企んでいますが、釣れません。

あっ、カスミではなく、あらーかわが舞台です。

沖目の何かの先端にトップを絡めてネチネチとやってますが
釣れねーっす



何故だ?

腕だろ!ってことで、何とか水面まで引張り上げたい今日この頃


ケムドリラー




ザグバグ3フック




バジン



足がガクガク震えるようなバスを釣りたいな


2011/4/24 荒川第2節

4月24日(日)荒川釣行
・AM5:40~10:00
・J橋周辺


本日も気合いでAM5:00起床
5:40ころに現地到着。

今日はしのっちさんと合流。

前回バラしたブッシュの様子を見に行き、
今回もドラクロ3インチのテキサスリグからスタート。

浮きゴミ下にフリップでアプローチするも異常なし。

浮きゴミを外して横の沈枝に入れたところでバイトあり。
しかし、コバスを連想させるような微妙なバイト・・・

先週の反省から、さらに送り込んで、
フルパワーフッキングしたら・・・・


本年の初バスが飛んできた(´Д`|||)
P1000890.jpg
ボクの手の大きさはチェ・ホンマンくらいあるので
バスが小さく見えますが気にしないで・・・


先週に比べてサイズが入れ替わっちまってるOrz
予想したサイズでなかったのに目標クリアしちまったw

その後、レンジを変えたり、ワンシャで横の動きも試すが異常なし。

しのっちさんも異常なし。

プリのメスを探すために先週のシャローの感触を一旦リセットして、
コンタクトポイントと考えているJ橋下流にある水中岬に入る。
岬周辺のシャローで、しのっちさんが当ブログでの自粛魚をゲット。

ボクもブッシュにドラクロを入れるがギルっぼいバイトしかない。

先週は、たまたまだったのか?
まだ十分に差して来てないのか?

わからん…

やはり岸際の反応が悪いので、一段深いところを攻めるために
水中岬をキャリラバのリフト&フォールで攻めるも、何も無し。


地形変化がユニークな自称「庭」の様子も見に行ったけど
デカいコイが群れてるだけ…終わったOrz

終了時間の10時になったので尻尾巻いて逃げました。

やはり、先週ミスなく釣っておくべきだった・・・


<本日のタックル>
①テキサスリグ
・RR630MH
・メタニウムMg7 RH
・ライン フロロ14lb.
・フック 2/0オフセット
・シンカー5g
・ドライブクロウ3インチ 、ファットヤマセン3インチ

②ベイトフィネス
・ST640M-Ft
・アルデバランMg7 RH
・ライン フロロ7lb.
・ワンシャ、キャリラバ7g、スモラバ2.7g、ネコリグ1.3g


しのっちさん、今度はカスミにも行きましょ♪






2011/4/17 荒川第1節

4月17日(日)荒川釣行
・AM5:30~9:00
・J橋周辺

気合いを入れて5:00起床(遅い?)

テキサスリグのみ持って外に出てみると
寒い・・・なんか北よりの風が吹いている
5:30に現地到着


岸際に浮きゴミが溜っている場所を探索
(最近カワウが増えたからね)

理想的な浮きゴミを発見したので、ドライブクロウ3インチを
ゴミ下に送り込むとラインが僅かに動いたので十分に送り込んで
フッキング(したつもりだった)。

一気に引き抜いて空中でバスのアゴを掴もうとしたが、
寸前にフックが外れたOrz

土手を転がって荒川に帰ろうとするバス

一瞬、光太郎クンのヘッドスライディングキャッチ
が頭を過ぎった・・・が、しかし
P1000889.jpg

彼を真似ることは出来なかったwww


40くらいのラージ
真っ黒だったので、ディープから上がって数日
経っているような個体だったな・・・・悔しすぎOrz

1時間くらい時間を空けて、再度入り直したけど、
ヘラのハタキとボートの引き波で終わった

姫二人を習い事に送って行く時間が来たので終了

<本日のタックル>
・パームスEDGE EGC665
・メタニウムMg7 RH
・ライン フロロ14lb.
・フック 2/0オフセット
・シンカー5g
・ドライブクロウ3インチ シナモンブルーフレイク

まぁ、本日は初バスならずにノーカウント(凸です)
目標も達成できず無念・・・・

帰りのファミマで凸ペナ金を入れさせて頂きました。
とりあえず一年間は続けられる金額ということで¥500です。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。